スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差町・姥神大神宮渡御祭 上町巡行

今年も江差に熱い祭りのシーズンがやってきた。今年は最終日だけの取材になって非常に残念でならないのだが、この祭りを見に行くだけでもいいのである。江差の人の祭りの心を見せつけてくれるだけでも行く価値があるのだ。私自身も友人の誘いから、山車(ヤマ)について取材させてもらっている。先日までの悪天候で、天気も気になっていたが今日はいい天気でしかも北海道の夏らしからぬ程の暑さなのだ。流石に暑くて休み休みにやらないと、体が持たない。途中、郷土芸能なんかも見せている江差追分会館に向い、江差追分・ソーラン節を堪能する。しばらく江差にいかなない為に、渡したい写真もあり伺うと休んで行くことに。ご馳走攻撃に困るほどに振る舞いをしていただき江差には足を向けて寝れない程、良くしてもらった。「結構なお祭りで」の掛け声で家に入ると、誰でもご馳走をふるまってくれるのだ。山車(ヤマ)がちょうど通る場所なので、通るまでお世話になりっぱなしであった。

ubakami2007-01.jpg
切り声の風景

ubakami2007-02.jpg
友人S氏の父親・笛の名手

そしてメインの神事・「宿入れの儀」を見るために神社に向う。宿入れの儀とは、一度神社から出た神様はなかなか神社に戻らない。最初の神輿は、神社前に向いそして戻りを6回くり返し7回目で神社の本殿に入る。2台目は5回目で本殿に入り、3台目は3回目で本殿に入るのだ。七五三をいう縁起のいい数字で行なわれる。このような風習は珍しい。
ubakami2007-05.jpg
宿入れの儀

遷霊の儀と続き、ほぼ神社で行なわれる神事は終了となる。最後は、山車(ヤマ)に向う。午後10時過ぎに13台の山車(ヤマ)が揃い、姥神大神宮渡御祭の終了を知らせる。各山車(ヤマ)はまた神社に最後の拝礼をしに向う。
ubakami2007-03.jpg
神社に入る山車(ヤマ)

拝礼を終了し山車は、各町内に帰っていきなおらいになる。このなおらいを迎える頃は、午前1時頃になっている。いつまでも祭りが終る哀愁をひたりながら、山車(ヤマ)の周りに座り酒を飲んでいる。

下の写真は、なおらいの席で行なわれた切り声風景。何度聴いても、切り声はカッコイイ。
ubakami2007-04.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労様です。

いやー大作となりましたな。猛暑の中、重いカメラ等を抱え、撮影に、地元人との交流にと、さぞ疲れた事でしょう。帰宅した時はとうに日付変更線を超えて、くたくたになりながら、満足しての帰宅といったところでしょうか。地元人の祭りにかける情熱と、それを追いかけるあなたの情熱に圧倒されております。

o(*^ー^*)oお疲れ様でした♪

取材、o(*^ー^*)oお疲れ様でした♪
流石にお疲れだったでしょう(*´∀`)アハハン♪

文章と写真を拝見して、臨場感が伝わってきましたよ♪
おらは、お墓参りで松前に行って、帰りに江差経由で帰ったのですが、時間に余裕がなく祭りを観覧できませんでした 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

でも、ブログを拝見して祭りに参加した気分にさせて頂きました!
ありがとです(T-T )( T-T)ウルウル

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

不名誉市民さん、シュウ♪さん
ありがとうございます。北海道の祭りでもこんないい祭りはありません。来年は是非江差にいらっしゃることを希望します。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。