スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町・白符大神宮例祭 七五三祓舞

真剣を使い四方を祓い清めて、悪魔退散を表現したこの七五三(しめ)祓舞は、息をのむ舞である。舞い手もこの舞の表現は難しいであろうと思われる。数々のお宮を見てまわってきたが、七五三祓舞で、感動したのは2人の神主さんだった。1人は、鹿部稲荷神社宮司・濱村さんであり、もう1人は福島大神宮宮司・常盤井さんである。言葉だけでは、上手く表現できないのでやはり、実際にご覧になってもらうのが一番である。

今日は本当にラッキーな日であり、白符大神宮なおらいの席によばれてしまい、大変有り難い上に、本物のいいものを聞かせてもらった。
福島町には、昔にしん場があり活気に満ちていた所であり、福島でにしんが獲れなくなると網元や船頭等が、日本海側に北上していくということだった。そのにしん場の沖あげ音頭を聞かせてもらった!にしん場というイメージは、江差が本場だと思っていたが、原点はこの辺だろうと思われる。船を小屋から出す唄から、魚場まで向うの唄・引き上げる時の唄等、言い出すとキリがないくらいの数の沖あげ音頭が出てくるのだ。「忘れたなぁ」と言われても、1人が唄いだすと思い出して唄いだす光景が見れた。身体で覚えた労働唄は、数十年の時を経ても忘れないということが素晴らしい!今でも聞ける本物の沖あげ音頭を全部聞きたいなぁ。

写真は、もちろん七五三祓舞。

sirafu_sime2007.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。