スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木古内町・佐女川神社 寒中みそぎ

北海道木古内町佐女川神社で毎年1月15日にとり行なわれる神事寒中みそぎの本番がやってきた。この日の為に1月13日から神社の本殿に籠り、昼夜を問わずに水ごおりで身を清めてきた。
いよいよ御神体を各持ち、津軽海峡の海で清める出発である。行修者はこの日、朝一番に一度水ごおりをして本番を待つ。写真は、いざ津軽海峡に向かう際の風景。4人の行修者は御神体を持ち、笛・太鼓と共に神社を出発する

misogi2007_04.jpg


冬の津軽海峡で御神体を清めて、みそぎ会場で水ごおりをして、時間をおき、神社に戻る。そして最後の水ごおりをする。その際、一番に稲荷が水ごおりをしていち早く、本殿に向い、松明を持ち神社の隣にある稲荷神社に行き拝礼し、4人分の神事の際に使った草蛙をカマで鼻緒を切り束ねて一つにしたのをまた稲荷神社に奉納する。これが稲荷を担当する役目である。
写真は、草蛙にカマを入れて切る作業。
misogi2007_05.jpg


そして本祭が行なわれ、松前神楽奉納となり、寒中みそぎは終了する。
松前神楽については、近日に公開したい。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 神事 行修者

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。