スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 縄文まつりで披露された「安浦駒踊り」

9月30日(日)
初夏の例祭に取材しようと思って、問い合わせをしてみると「今年は駒踊りは出れない」と言われ少し残念に感じておりました。函館市の旧南茅部町にある、縄文文化交流センター開館1周年「商工会縄文まつり」で、披露される事をを知り、取材しようと赴きました。

「北海道文化資源データベース」から、「安浦駒踊り」のことが乗っているので引用させてもらうと、

安浦駒踊りは、旧南茅部町の安浦地区に伝わる郷土芸能です。馬に乗り、戦に勝ったときの様子を表す「駒踊り」です。踊り手は扇子や刀など色いろな道具を持ち、前後約1mくらいの色とりどりの馬(駒)を腰につけて勇壮な舞を披露します。江戸末期に青森県三戸郡から伝承されたといわれています。


この「縄文まつり」の情報は北海道新聞に掲載された記事で知り、その記事の中には、

馬産地の旧南部藩で誕生し、江戸時代末期に漁業目的で移住した「和井内(わいない)」という人が安浦地区に伝えた。「扇おどり」「刀おどり」「七つ道具」「駒おどり」の4種類の演舞がある。


東北地方から伝わる、「駒踊り」が北海道の地区に伝承して生き続けている一例です。
まずは、最初は「手踊り」の披露から

函館市 安浦駒踊り
安浦駒踊り 手踊り

舞い手も大切だが、楽人も無くてはならない人であり、笛・太鼓・手拍子で演奏されます。

函館市 安浦駒踊り
楽人

数年前の例祭の取材で、地元の人の駒踊りの関心が強いことがよくわかったので、地元の人が観客として多く見られました。舞い手の目利きもしていて、「あの子上手だね〜」という声を背中から聞いておりました。

函館市 安浦駒踊り
観客

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

郷土芸能は、その土地に行われた小さい芸能です。
この時代の維持・継続は非常に厳しい状況でありますが、なんとかしようと思う担い手の人の熱意で継続しています。見る機会があれば、一度ご覧になって歴史と文化に触れてみて体験して欲しいです。

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 郷土芸能 函館 旧南茅部町 安浦駒踊り 縄文まつり

鹿部町 本別稲荷神社本祭 2012

9月21日(金)

毎年お邪魔させてもらっている鹿部町本別稲荷神社を取材しました。
私の取材の基準は、以前訪問させてもらった時の印象から見て、神楽が良かった所や、素晴らしい所はなるべく毎年行くようにしております。氏子さんから「来年も来てください」言われた所とかもあり様々です。以前取材した所でも、都合上行けなかったり、見直す意味で取材に行く事があります。こういう取材は、ある定期的に行く事が肝心だと感じております。

本別稲荷神社は、神楽も良く、いつも良くしていただいているので時間が許す限り行く事にしております。
今回は普段やらない神楽舞が行われるということもあり、行かない訳にはいかない事情もあり取材させてもらいました。
祭礼が終わると、松前神楽の鎮釜湯立式に入ります。

本別稲荷神社 松前神楽 鎮釜湯立式
鎮釜湯立式 釜清め

本別稲荷神社 松前神楽 鎮釜湯立式 祈祷
鎮釜湯立式

本別稲荷神社 松前神楽 鎮釜湯立式 湯立
鎮釜湯立式 湯上げ

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神楽 神事 松前神楽 鹿部町 本別稲荷神社

仁木町 仁木神社宵宮祭 2012

9月17日(月)敬老の日

敬老の日ということもあり、2年前に訪問させてもらった仁木町仁木神社の宵宮祭を取材させてもらいました。
その土地土地に風習があり、お祭りでも少々異なることもありますが、こちらは宵宮祭の時に松前神楽を多く行われるということで以前取材しました。確かに住民も多く松前神楽を楽しみにしている事も伝わってきましたので、今年もそのような光景が見られるだろうと思い、機会が合い再び取材をしました。

松前神楽 仁木神社
仁木神社


良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神楽 神事 松前神楽 仁木町 仁木神社

福島町 福島大神宮渡御祭 2012年

今年の福島大神宮例祭は楽しみでした。完全取材を使用と思っていましたが、どうにも都合には勝てず、今年は初日の途中から終わりまでを取材させてもらいました。

初日は福島大神宮から、午前中に三岳まで渡御し、午後からは塩釜まで行き折り返して月崎神社までのコースです。

今年も出てくれました、四箇散米行列奴行列です。ここ数年に渡り、ご苦労様です。

福島大神宮渡御祭 四箇散米行列 2012
四箇散米行列

福島大神宮渡御祭 奴行列 2012
奴行列

福島大神宮渡御祭 奴行列 2012
奴行列

福島大神宮渡御祭 奴行列 頭取 2012
奴行列 頭取

今年の猿田彦さんは、若い人です。お世話になっている人です。

福島大神宮渡御祭 猿田彦 2012
猿田彦

神輿が月崎神社に入りました。無事に事故なく入られたようです。

福島大神宮渡御祭 神輿が本殿に入る 2012
神輿

神輿が神社に入られたので、祭礼に入ります。行列の人たちは、ここで終了です。明日ここからまた出発します。

福島大神宮渡御祭 月崎神社にて 2012
祭礼

祭礼が終わると、渡御の労いの「直会(なおらい)」に入ります。皆さん、今日の渡御の感想等を語りながら、明日の渡御に備えます。一仕事終えた後の直会(なおらい)は、笑顔が絶えません。

福島大神宮渡御祭 月崎神社にて 直会 2012
直会(なおらい)

少々疲れている所もありますが、お酒が進んでいました。

福島大神宮渡御祭 月崎神社にて 直会 2012
直会(なおらい)

次の日は取材できませんでしたが、今年も半日だけ渡御を見させてもらいました。
毎年拝見しておりますが、福島大神宮の渡御祭は他にない住民のチカラを感じます。どこの神社もそうであったようですが、維持させるにはそれなりのこの風習を維持させようと思う「ポリシー」が必要だと感じます。ポリシーを持った地域であるといえるでしょう。

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 福島町 福島大神宮 渡御祭 四箇散米行列 奴行列

函館市 湯倉神社本祭 2012

9月8日(土)、函館の湯の川温泉にあるのが、湯倉神社であります。宵宮祭には行くことができず、本祭を取材させてもらいました。

松前神楽を取材して、もう8年目くらいになります。
函館市内での取材はあまりしておらず、少し取材しようと考えております。函館にも松前神楽の保存会がありますが、若手が少ないようにも感じられます。

今回行われた神楽舞は、榊舞、翁舞、注連祓舞、十二の手獅子舞・五方の四座行われました。

幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)、祝詞舞(のりとまい)とも云います。
その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いであります。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いであります。

湯倉神社 榊舞
榊舞

翁舞(おきなまい)は、面白く背が高く心柔和な老翁が、額にしわがよっても身体堅固で幾星霜を経る間に、身分が高い位に登った姿で、舞中に願意を言葉に表し、息災延命、立身出世を祝って舞う福禄寿の備わった最も目出度い舞いであります。

湯倉神社 翁舞
翁舞

注連祓舞(しめはらいまい)、〆引(しめひき)、七五三祓舞(しめはらいまい)とも云います。白扇を四方四隅中央を祓い、真剣を抜き天井に十文字の縄を張った注連縄を切り払い、悪魔退散、国土安穏、千秋万歳を祝して舞われる舞いであります。

湯倉神社 注連祓舞
注連祓舞

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。

湯倉神社 十二の手獅子舞
十二の手獅子舞・五方

今後もどのくらいの神社に取材できるかわかりませんが、行きたいと思います。

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神事 神楽 松前神楽 湯倉神社

福島町 千軒そばの花鑑賞会 2012

毎年取材させてもらっている、福島町千軒そばの花鑑賞会に行ってきました。
ギリギリに会場に入り場所を決めて、ふかしたじゃがいもをいただき、あまり余裕が無かったので、取り急ぎという感じで、撮影に入りました。

今回行われた神楽舞は、荒馬舞(あらうままい)、神遊舞(かんあそびまい)、山神舞(さんじんまい)、八乙女舞(やおとめまい)、十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)が奏上されました。

荒馬舞(あらうままい)、松前遊(まつまえあそび)、正前遊舞(しょうぜんあそびまい)とも云います。城内神楽の神楽修行の際に、たまたま藩主の機嫌が悪くこれを直さんと考え馬が好きな藩主の為に、馬術の様子を即興的に創り演舞したところ大変喜び、機嫌を直したと云います。

福島町 千軒そばの花鑑賞会 松前神楽 荒馬舞
荒馬舞(あらうままい)

神遊舞(かんあそびまい)、天皇遊舞(てんのうあそびまい)とも云います。
二人の武人が弓矢を持ち、四方の悪魔を退散し、正しい心に返す意味の舞で、松前藩の威徳を内外に示し、蝦夷地鎮定、天下泰平を祈願した舞であります。この舞は、松前藩主6代矩広(のりひろ)公の作品だと伝えられています。

福島町 千軒そばの花鑑賞会 松前神楽 神遊舞
神遊舞(かんあそびまい)

山神(さんじん)舞は、奥山の榊葉を持ち山神を表し、海鳥のしぐさを真似て山神にご覧になってもらい、おなぐさめ申し上げるというものであります。

福島町 千軒そばの花鑑賞会 松前神楽 山神舞
山神舞(さんじんまい)

八乙女舞(やおとめまい)は、女性二人が白衣、 緋袴、 千早を着し、 扇を持って舞います。 松前神楽は本来男性の舞で、 この舞は後代にいたって創造されたものと考えられます。

福島町 千軒そばの花鑑賞会 松前神楽 八乙女舞
八乙女舞(やおとめまい)

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。

福島町 千軒そばの花鑑賞会 松前神楽 十二の手獅子舞五方
十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)

八乙女舞(やおとめまい)は、やはり人気があり、シャッターを切る音が一段と聞こえてきました。今年は、天気に恵まれませんでしたが、そばの花の付き具合も良く、新そばが待ちどうしいです。

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 福島町 松前神楽 千軒 そばの花鑑賞会

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。