スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町 福島大神 第4回お客様は神様です。神有月かがり火神楽

今年で4回目の「お客様は神様です。神有月かがり火神楽」です。
コンセプトは、長谷川雅志氏による布のインスタレーションと、タイトルから神様だけに捧げる神楽ということであります。照明は、かがり火と提灯の明かりだけで、勇壮に松前神楽が行われます。昨年から、舞楽の解説や合間の会話も無く、粛々と神楽が行われるというスタンスです。

だんだん、来客は神様だけとあって人間のお客様で少なくなってきています。「関係者だけの神楽」というコンセプトを考えれば、代々宮司に今の神楽を見ていただくという感じにも見えます。厳粛としている会場です。明かりを落とし、かがり火と提灯の明かりだけの「夜神楽」です。今年の会場は、境内にある土俵で、全国的にも有名になりつつある「女だけの相撲大会」の会場であります。

福島町 神有月かがり火神楽
会場風景


ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 福島町 松前神楽 神楽 神事

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。