スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 石崎地主海神社 恵山松前神楽保存会披露

北海道の桜もソメイヨシノが散り、遅咲きの桜も見頃になります。函館の石崎地主海神社の桜並木では、見頃を迎えた遅咲きの関山(かんざん)、普賢象(ふげんぞう)が今年も満開の中、松前神楽が奏上されるという知らせを聞き、取材させてもらいました。

石崎地主海神社鳥居
石崎地主海神社鳥居

桜並木は、別の私のブログ・ホームページでご覧下さい。

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 函館市 松前神楽 恵山松前神楽保存会

松前町 さくらまつり 郷土芸能大公開

松前町さくらまつり期間内中に毎年行われている、「郷土芸能大公開」を取材しました。
もう5月に入り、そろそろこの手の取材も多くなります。

毎年行われていて、取材もしているので新鮮な気持ちになりませんが、この時を逃すと1年待たなければならないような郷土芸能もあるので行くようにしております。

行われた郷土芸能は、月島奴振り、松前祇園ばやし、江良杵振舞、白神タナバタ、松前沖揚げ音頭が行われました。月島奴振りが最初で、松前神社前から行進してきました。

松前町 郷土芸能大公開 月島奴振り
月島奴振り

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

 

続きを読む

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 北海道 郷土芸能 松前町 さくらまつり

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。