スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年度 檜山管内郷土芸能祭

毎年江差町で行われている、郷土芸能の祭典でありますが、ここ3年ぶりに取材してみました。
「檜山管内」というタイトルに入っているので、近郊の郷土芸能が見られました。

種類としては、太鼓、舞踊、民謡、三味線、芸能(鹿子舞等)があり、3年前は江差だけで行われてきた郷土芸能祭とは、コンセプトを変えて行われていました。
私自身の会場入りが遅れてしまい、太鼓は見られませんでした。

今回注目したのは、乙部町の丹波節でありました。平成に入り、踊りを添えて復活しましたとパンフレットに書いてあり、貴重な節に新たな歴史を刻み伝承していこうという気持ちを感じました。

江差三下りは、江差追分節が完成する過程の元唄で追分節の母体であると云われています。
信州馬子唄(小諸馬子唄・馬方三下り)が越後路に入り、越後の船頭衆や舟子によって唄われ、山の旋律から海の旋律に編集され(越後追分)、されに日本海を北前船によって運ばれ、江差に伝わったと云われます。
江差の繁栄の中で主として、浜小屋や茶屋で唄われ、女(あやこ)等によって遊里の唄、座敷唄となり、三絃の三下りの調子として完成し、伝承されてきました。
※解説は、パンフレットから引用しました。

江差三下り
江差三下り

アクセスランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 郷土芸能 江差町 乙部町 江差三下り 江差五勝手鹿子舞 江差追分踊り 江差餅つき囃子

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。