スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町千軒 秋の殿様街道ウォークで披露された松前神楽

10月24日(日)に福島町千軒で行われた「秋の殿様街道ウォーク」で披露された松前神楽を見てきました。

千軒殿様街道ウォークとは、江戸時代、松前から箱館(函館)への街道は27里(108km)あり、蝦夷地の幹線道路で、殿様が頻繁に通ったことから通称「殿様街道」と呼ばれ現在も親しまれている。
 円空・伊能忠敬・松浦武四郎など歴史上の豪華キャストが足跡を残した夢みる道は、箱館戦争で幕府脱走軍総裁榎本武揚の「蝦夷の夢」への道でもあった。土方歳三・伊庭八郎・人見勝太郎の他、幕軍の勇士がこの街道を駆け抜け松前城を目指した激戦の地でもあった。この歴史豊かな7km区間を参加者の方と往時を忍びながら散策し、最後に松前神楽が奉奏されて終了となる歴史ロマンと殿様が勧めて行なった「松前神楽」を鑑賞するイベントである。

千軒の山は、暖冬の影響もあり紅葉らしい所はあまりなかったようであります。ウォークから戻っていらした方は、千軒の新そばを味わいました。ついでに私もその新そばをいただきました。感謝であります。

福島町・千軒そば
千軒そば

新そぼは、美味しく、決め手はそばの乾燥の仕方でということです。大変美味しくいただきました。
そばは、千軒のそば屋でもいただくことが出来ます。

千軒そば屋
■場所:福島町字千軒283
■営業日:水曜・木曜・土曜・日曜
■営業時間:11時30分~14時30分


大きな地図で見る

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 福島町 千軒 そば そば屋 殿様街道ウォーク 松前神楽 神楽 神事

旅行関係者の為の神楽披露 福島大神宮

10月23日(土)福島大神宮にて、旅行関係者の為の神楽披露が行われました。

道南の新たな観光の発掘にと行われた神楽披露であります。観光資源としては、北海道無形文化財の松前神楽を楽しんでいただけるのだろうかという場でもあります。時間も決まっているようで、座数も3座程度でありました。

福島大神宮 2010_10_23
神楽の説明をする宮司

行われた神楽舞いは、山神(さんじん)舞、福田舞(ふくだまい)、十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)の3座が行われました。

山神(さんじん)舞は、奥山の榊葉を持ち山神を表し、海鳥のしぐさを真似て山神にご覧になってもらい、おなぐさめ申し上げるというものであります。

福島大神宮 2010_10_23
山神(さんじん)舞

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いであります。

福島大神宮 2010_10_23
福田舞(ふくだまい)

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。

福島大神宮 2010_10_23
十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)

旅行関係者の中には、初めて見る方が多いようにも感じられました。
直接は聞いていませんが、感触は良かったと思います。神楽の魅力を体感出来る機会がもっとあってもいいかもしれません。

 

  

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 神楽 神事 松前神楽 福島町 福島大神宮

北斗市 有川大神宮 渡御祭 本祭

渡御祭2日目であります。本日は、昨日の反対側を巡幸します。
今日は午前から雨の予報ですが、出発する午前9時頃は、天気がよく昨日と同じような天気であります。今日はなんとか持って欲しいところであります。

神社を出発して、上磯奴先頭に行列は昨日の反対側を巡幸します。

arikawa_togyo2_2010_01.jpg
上磯奴

高下駄で神社から出て来ました猿田彦です。

arikawa_togyo2_2010_02.jpg
猿田彦

arikawa_togyo2_2010_03.jpg
神社行列

arikawa_togyo2_2010_06.jpg
お稚児行列

子供等による神輿であるが、これだけいれば担いでもいいかもしれないですね。

arikawa_togyo2_2010_05.jpg
子供神輿

arikawa_togyo2_2010_04.jpg
有川天満ばやし

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神事 北斗市 有川大神宮 神社行列 上磯奴 神楽 松前神楽

北斗市 有川大神宮渡御祭 初日

神社行列は、10年ぶりということで非常に楽しみにしておりました渡御祭であります。
天気もいいようで、終日は雨は大丈夫だろうと思われます。

午前9時に出発ということで、出発前にいろいろと行われるだろうと思い、1時間前に神社に行きました。もう準備が粛々と行われていました。神輿殿から神輿も出され、御霊が入るのを待っています。
神輿は、トラックでの巡幸であります。重さも歴史もあるようで、六角形の神輿であります。いろいろ神輿を見てきましたが、六角形の神輿は珍しい方だと思います。
御神輿の由来は、

有川大神宮の氏子総代らが協議の上、嘉永6年(1853年)3月春、種田徳兵衛をはじめ、6名の総代が西廻航路の北前船に乗り込み、日本海廻りで敦賀に上陸しました。大阪に出府して御神輿の購入にあたったが、完成された物がなく、たまたま心斎橋通本町・鎌田右衛門店舗にあった京都伏見稲荷神社の発注品であったものを懇請して購入しました。牛車で敦賀まで陸路で運び、弁財船で海路、当地まで運んだ物で、その当時、蝦夷地に運んだ最初の御神輿であった。郷土の人々の信仰の対象となった最も由縁の深いものであります。型は本道では珍しい六角造りで、「嘉永六年丑桃月大阪心斎橋通本町鎌田右衛門調之」の銘が記載されています。

「北斗市文化財」より引用

いつも正面から見られないこの御神輿を今回は、360度見られるのは非常に貴重であります。

arikawa_togyo_2010_01.jpg
神輿の登場

arikawa_togyo_2010_02.jpg
御霊が入るのを待つ神輿

神社の行列というと、猿田彦であります。猿田彦は、知り合いの人でここの氏子さんであります。

arikawa_togyo_2010_03.jpg
猿田彦の面を付ける

arikawa_togyo_2010_05.jpg
猿田彦の準備完了

    

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 北斗市 有川大神宮 神社行列 上磯奴

北斗市 有川大神宮 宵宮祭 2010

今年の猛暑もやっと過ぎ去り、心地よい季節かなと思われながら涼しさを感じる季節になりまして、道南におけるお祭りも終盤になりました。有川大神宮例祭で、南北海道はピリオドとなります。

今年は大祭となり、渡御も行われ約10年ぶりの行列だそうです。その頃は、私はまだ松前神楽の取材もしておらず、有川大神宮は渡御しないのかと思われましたが、見られるのは貴重であります。茂辺地でも4年目に行われる大祭より貴重な祭りであると思われます。次の保証はありませんので、じっくり撮影したいと思います。

arikawa_yo_2010_01.jpg
有川大神宮

  

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神楽 松前神楽 神事 北斗市 有川大神宮

福島町 福島大神宮 第3回お客様は神様です。神有月かがり火神楽

今年で3回目の「お客様は神様です。神有月かがり火神楽」イベントであります。

コンセプトは、長谷川雅志氏による布のインスタレーションと、タイトルから神様だけに捧げる神楽ということであります。照明は、かがり火と提灯の明かりだけで、勇壮に松前神楽が行われます。今年から、舞楽の解説や合間の会話も無く、粛々と神楽が行われるというスタンスであります。宵宮祭・本祭でも行われない、雰囲気を重視した松前神楽を鑑賞するイベントでありますが、コンセプトが素晴らしいです。

天気は雨という事で、土俵で行われる予定が変更になり、拝殿内で行われました。

kamiarituki_2010_02.jpg
福島大神宮

        

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神楽 松前神楽 福島町 神事 福島大神宮 長谷川雅志

北斗市 上磯八幡宮 本祭 2010

10月に入り、お祭りも終盤であります。北斗市にある、上磯八幡宮の本祭を取材させてもらいました。
昨夜の宵宮祭は、見るだけにしようと見学してきました。ノーカメラで、じっくり神楽舞いを見させてもらいました。新しい着眼点を探すには、座数の少ない宵宮祭でノーカメラで見つめる事も大切だと感じました。少々狙いが見えて来ました。取材記録を見ると、2007年の本祭の獅子舞だけを見ただけでしたので、3年ぶりの取材になります。

上磯八幡宮は、天文元年(1532年)、戸切村の氏神として創建されたと云われています。
円空さんも安置されている神社であります。御本体ではないようであります。

kamiiso_hon_2010_01.jpg
上磯八幡宮

  

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神楽 松前神楽 神事 北斗市 上磯八幡宮

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。