スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町 月崎神社 本祭

福島町で、松前神楽これだけ連続で見たのは初めてであろう。連続3日間の中で、〆になったのが、月崎神社である。
本当は、午前中に吉野八幡神社の門払いと本祭があったのだが、都合が合わなくなり門払い、本祭の模様を取材できなかった。午後から月崎神社は、夕方に行われ、門払いは行われない。門払いは、福島大神宮渡御祭でこの地域を渡御し、最初の日程で、神輿がこの神社に宿泊することになっている。

創立年代不詳。明応元年(1492)村中にて再建する。古くは月ノ崎観音堂とも称され、万治3年(1660)には社殿が整い、文化3年(1806)8月、月ノ崎大明神社と改められた。更に明治12年(1879)月崎神社と改名。寛永元年(1624)1月16日御神託により、当村名アイヌ語の「オリカナイ村(折迦内)」を「福島村」と改村。後に1月16日を改村記念日と定め、毎年祭典が行われるようになった。慶応2年(1866)に社殿改築、以来再三の修復が行われてきたが、再建500年を記念し、平成4年(1992)7月に本格的な神明造の社殿が完成した。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
羽黒神社 木花咲夜姫命 元和9年創祀 馬形神社 大御食都神 寛文2年創祀 昭和18年合祀
北海道神社庁ホームページより

tukisaki09_01.jpg
月崎神社

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 松前神楽 福島町 月崎神社

松前町 熊野神社 夕祭

昨日の宵宮祭からまた取材させてもらう、松前町・熊野神社の夕祭である。
本祭も行われたが午前11時に行われて、夕祭は、午後6時からとなっている。鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)を含めた数座の松前神楽が奉納された。

鎮釜湯立式とは、鎮火祭としてこの町内の火災が起きないように祈祷するのと、作物・漁獲量の吉凶を占う神事であり、松前神楽三十三座の中に十二座入っている神事である。

kumano_yu09_01.jpg
鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)

kumano_yu09_02.jpg
鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 松前神楽 松前 熊野神社

福島町 吉岡八幡神社 門払い・本祭

昨日から福島町・松前町方面で取材をさせてもらっている。
今日は、福島町・吉岡八幡神社と松前町・熊野神社である。午前は門払いと本祭で、吉岡八幡神社、午後からは、松前町に行き熊野神社の夕祭を取材しようと思っている。

福島町・吉岡八幡神社は、寛永3年(1626)村中建立、元文4年(1739)松前藩主第11世邦広公再建しているが当初は笹井(常磐井)家の兼務でのち宮歌八幡神社の藤枝家の兼務となった。安永7年(1778)天明7年(1787)文化7年(1810)と再建されている。
と、北海道神社庁のホームページで由緒を見ると述べられている。

福島町は松前藩の直轄地であったせいか、藩主が神社を再建したりしているのがわかる。

yosioka09_08.jpg
吉岡八幡神社

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 松前神楽 北海道 吉岡八幡宮

松前町 熊野神社 宵宮祭

はじめて取材させてもらう神社であり、松前神楽には関連した神社である。
今まで松前神楽のお膝元である松前町に多く取材していなかった。今回、福島町に行く機会が重なり時間的にもぶつかる事が無かったので、なんとか訪問させてもらうことが出来た。

熊野神社は、松前城下の七社 (八幡・神明・馬方・熊野・羽黒・西館稲荷・浅間)の1つであり、獅子舞に関係する記録もある神社である。
寛文巳年 (五) に松前藩主が羽州秋田の住人大塚理兵衞正吉作の御獅子頭一頭を松前熊野神社に寄進している。 これは松前神楽のうちの獅子神楽が体形化されて来たことを示している。 また、 この熊野神社獅子頭が藩主の寄進になるところから領内第一の獅子頭とし、 正月十一日または十二日に行われる城中正月獅子祓神楽の場合、 熊野神社から前日八幡社か神明社に迎え仮座し、 翌朝この獅子頭を捧げて城中に向かうことを慣例とした。
ここには、その獅子頭は現存しているらしい。

kumano_yomi09_01.jpg

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 松前神楽 熊野神社 獅子頭

福島町 宮歌八幡神社 門払い・本祭

福島町、宮歌地区にある宮歌八幡神社の取材をさせてもらう。
福島大神宮が兼務している神社の例祭を見たいと感じていたので、ここの宮歌八幡神社、吉岡八幡神社、月崎神社と取材させてもらうことになった。

miyauta09_01.jpg
宮歌八幡神社

宮歌八幡神社は、明暦元年(1655)知行主幕府旗本松前八左衛門泰広が 知行地の平安を祈り建立し、正八幡宮ともいわれ八左衛門使用の弓矢、連歌、くじ箱等が献納された。草創時の棟札が現在も残されており当初の別当は泉蔵坊でのち藤枝家が代々これを勤めた。その後元禄8年(1695)、寛延4年(1747)、安永4年(1775)と新社殿を造立している。この宮歌八幡社には近世初頭から明治にいたる宮歌村文書87点が保存されていて北海道内では1村古文書として貴重なものであると評価されている。

miyauta09_02.jpg
門払い出発

miyauta09_03.jpgmiyauta09_04.jpg
門払い出発

門払いでは、玄関先にまず塩を撒き、その後に御幣を振り、その後に獅子が玄関を清めるというケースで、各家を回るのだ。

miyauta09_05.jpg
獅子は家に向けて

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 松前神楽 福島町

江差町 姥神大神宮渡御祭 上町巡行 2009

昨夜から明け方まで友人の所で、祭り話やバカ話をしていて楽しい時を過ごし、車中泊をして最終日を迎えた。朝の午前5時過ぎに今日も暑くなりそうな天気になりそうだと、うつつを抜かしていると携帯ラジオから、東海地区で大きな地震があり慌ただしく放送されている中、目が覚めた。2時間弱の睡眠時間であるが、清々しい朝である。

天気は、午前中からジリジリとしてきた。今日は11時20分から上町巡行スタートである。
今日は、上ノ国町方面に向かい、新地町という江差の繁華街でクライマックスを迎える。

uba09_0811_01.jpg
今日も暑い巡業になりそうだ

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 姥神大神宮渡御祭 江差 山車 猿田彦 宿入之儀 行き山 帰り山 立て山

江差町 姥神大神宮渡御祭 下町巡行 2009 その2

今回は、13台の山車(やま)の「切り声」を全て動画で収録しようと考えていた。切り声とは、網起こし音頭であり、江差の郷土芸能の沖揚げ音頭である。ヤマに奉賛する若者たちが、「切り声(網起こし音頭)」を掛けながら、曵綱を商店や関係者の家の中に入れ、繁昌と安泰を祝う仕来りである。13台全て切り声を持っているのか、というとそうではない。ある所と、無い所があるのだ。切り声をする山車(やま)は、

義公山(ぎこうざん)、豊年山(ほうねんやま)、豊栄山(ほうえいざん)、松寳丸(まつほうまる)、蛭子山(えびすやま)、楠公山(なんこうざん)、譽山(ほまれやま)、聖武山(しょうむざん)、源氏山(げんじやま)

の9つの山車(やま)で行われているようである。9日にも、魂入れに神社にやってきた3つの山車(やま)だけ収録に成功したので、残りは6つの山車(やま)である。関係者に聞き込みをし、なんとか収録した。この場をかりて、関係者に感謝申し上げます。
今後、このブログでも音声と映像を組み合わせして、公開していきたいと考えている。

uba09_0810_17.jpg
切り声をする蛭子山(えびすやま)

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 江差 姥神大神宮渡御祭 切り声 山車 猿田彦 宿入之儀

江差町 姥神大神宮渡御祭 下町巡行 2009 その1

公開したい写真が多いので、2回に分けて紹介したいので今回は、「その1」である。

いよいよ渡御祭の始まりである。今日はいにしえ街道を通るルートで、私個人的にも一番いいコースである。いにしえ街道には、山車(やま)がよく似合うのだ。車中泊の準備も揃い、じっくり撮影に入る事にした。
神社行列であるが、今年からは山車(やま)について行きたいと思う。毎年神社行列は同じで以前に説明をしているので、庶民の山車(やま)に関連した記事にこれからなると思われる。

猿田彦命(さるたひこのみこと)は、天孫降臨の際に道案内をしたということから、道の神、旅人の神とされるようになり、道祖神と同一視されたとの記述もあり、そのため全国各地で塞の神・道祖神が「猿田彦神」として祀られている。神様の先導をしていることで鼻が高いということらしい。「鼻長七咫、背長七尺」という記述から、天狗の原形とされる。よく「天狗さん」と呼ばれているが、「天狗」ではないということである。

ここの猿田彦は権限が強い方だ。流石に先月に見た、古平町の琴平神社ほどの強さではないのだが、本来猿田彦を行うということは誉れであり、尊敬されたり、羨ましがられるのだが、その意味をしらないとただの行列の先頭を歩く「天狗」になるのだ。もっと威張って歩いて欲しいものである。

uba09_0810_06.jpg
猿田彦

uba09_0810_07.jpg
神社行列

uba09_0810_08.jpg
神輿

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 江差 姥神大神宮渡御祭 山車 猿田彦

江差町 姥神大神宮渡御祭 御霊代奉遷祭 2009

今年も江差町の姥神大神宮渡御祭のスタートである。9日から取材に入る。
地味にこの日は、この祭りの重要な日であると感じて毎年訪れているのだ。

この日は各町内の山車(やま)が神社まで来て、魂入れをする日である。昼から山車(やま)が魂入れに来るものと思っていたが、午前中から来ていたようで、相変わらずスタートが遅れてしまう。

松寶丸という山車(やま)があるのだが、13台の山車(やま)の唯一の船の形をした山車(やま)で、北海道有形民俗文化財に指定される、貴重な山車(やま)なのだ。その山車(やま)だけは、神社まで行くことができないので、檜山神社まで行くことになっているようだ。初めて知ったので、同行することにした。

uba09_0809_18.jpg

uba09_0809_03.jpg
姥神大神宮拝殿内

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 姥神大神宮 渡御祭 江差 山車 魂入れ

松前町 松前神社 本祭

数年前から、訪問させてもらっている神社であるが、今年も訪問させてもらった。

松前城の中にある神社で、松前城の前にある神社である。祭神は、松前氏の先祖・武田信廣(たけだのぶひろ)公である。コシャマインとの戦いで活躍し、上ノ国館主の蠣崎季繁の養子となり蠣崎氏を名乗り、5代目慶廣に時に「松前」氏を名乗り松前藩が成立し、以後幕末まで続いた。松前町の礎を築いた人が、この神社の祭神である。

この神社の前は、松前城であり城と神社の間にある広場付近が、城内神楽として行われた時に手合わせしたと言われる「槍の間」の跡地である。
昨夜宵宮祭であったが、姥神大神宮の宵宮祭に行っていたので訪問できず。

matumae09_01.jpg
松前神社

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 松前神楽 松前 獅子舞

江差町 姥神大神宮 宵宮祭

夏らしくない天候にはなっているが、暦はもう8月になって、江差姥神大神宮渡御祭のシーズンを感じる季節になってきた。
今年は、連日曇天か雨、時々晴れのち曇天か雨という天気が多く、どうにもしっくりこない。一般的に観光的にも「江差の祭り」というと、「姥神大神宮渡御祭」であり、本来のお祭りは、「宵宮祭」「本祭」がその神社の大切なお祭りということである。「宵宮祭」とは、神様をお迎えするお祭りであり、「本祭」はその地に神様をお迎えした日が「本祭」の日であるので、一年で大切な日であると聞いたことがある。
ここでは、渡御祭は別に行われていて、毎年、8月の9.10.11日である。

ubagamiyoi09_06.jpg
宵宮祭を迎える

↓「続き」をクリックすると続きます。

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 姥神大神宮 渡御祭 江差

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。