スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松前神楽・豆知識 福島式

前回から引き続き、松前神楽の形式について紹介したいと思います。

大きく分けてこの3つ存在します。
函館市をはじめとした各町で行われている「渡島式(函館式とも呼ばれています)」、松前町をはじめとした各町で行われている「松前式(福山式とも呼ばれています)」と、福島町・小樽をはじめとした各町で行われている「福島式」とあります。

松前神楽形式の3つ目の形式、「福島式」であります。
名前の通り、南北海道の福島町で行われている松前神楽形式であります。
私個人のイメージでは、神楽が盛んに行われている町というイメージで、渡島の中でも町民の中に浸透している地域であり、神楽舞終了後に必ず、「ようそろう!」とかけるのも、福島大神宮代々の宮司が神楽の普及の為に努力した賜物でないかと思われ、松前神楽が盛んな町であると言えると思います。(各神楽舞終了後「ようそろう」と声掛けするのは、福島地区だけの風習になっている。)さらにちなみに、松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、神楽舞終了すると、「ようそろう」と観客から言葉をかけるという風習であります。
若手の楽人の育成にも盛んで、神楽の魅力されて神楽会に門を叩く、入門者が増えてきている。

福島式は、福島町と後志方面の数カ所で行われている。福島町は以前、鰊漁が盛んであり、鰊が捕れなくなると日本海沿いに北上して行き、鰊場を作り労働していた。その移住した人の中には福島町で鰊漁していた人もかなりいたと思われ、福島町で行われていた神楽をその土地で行われたという物語があると思われる。

明治に小樽の朝里村・原田清太郎の長女・奈加は、第13代宮司・常盤井武胤(たけたね)に嫁ぎ、次女・ヤス14代宮司・常盤井秀太に嫁いだということもあり、武胤・秀太は、朝里の住人達に神楽を教え、伝わった話があり、小樽での松前神楽が伝承されてきたようだ。現在でも、小樽市内の数社の神社の宵宮祭・例祭で行われているようである。

現在、よく行われる神楽舞は、

祝詞舞・鈴上げ・跡祓舞・利生舞(宵宮祭のみ)・庭散米舞
三番叟・翁舞・神遊舞・山神・〆引・獅子舞(五方舞・佐々良)
兵法舞・荒馬舞・八乙女舞


とあげましたが、私が数年宵宮祭や例祭・イベント等を拝見させてもらい、よく行われている舞いを書きました。

それ以外に

千歳・神容舞・鬼形舞・獅子の上(御稜威舞)・獅子の鈴上げ

とあります。行われる可能性があると思います。獅子の上は、今年の「松前神楽の特別舞台「神有月-お客様は神様-」 で行われました。
他に資料では、

湯倉舞(明治19年11月の福島大神宮御遷宮式次第には行われた記録がある)
荒神舞(白刃を口にくわえて宙廻転して舞う危険なものであるため行われていない)
神送舞(明治19年11月に行われた記録があるが、長年絶えている舞いらしい)


もありますが、現在は見ることはできないと思われます。
「八乙女舞」は現在、福島地区だけしか見られない舞いであります。この舞いは、神に仕える神子乙女の祝福の稚児舞で、少女二人で舞うものであるとされています。



松前神楽形式を3つ紹介してきました。どの形式も「松前神楽」であり、普通に見ても、「少しだけ違うな」と思われる程度かもしれないですが、3つの形式を見るとなんとなく異なるのが見えてくると思います。
どれも現在も継承されている「松前神楽」であり、どの形式もその土地や関わりのあった土地に渡り継承されてきた「松前神楽」であると言えます。形式や舞い方・楽(笛・太鼓)が異なっても同じ松前神楽であり、南北海道から道央に伝わっている立派な神事芸能であります。
一度、各形式をご覧になって見てはいかがでしょうか。

fuku_sanbasou08_001.jpg
2008年 福島大神宮宵宮祭 三番叟

スポンサーサイト

松前神楽・豆知識 松前式(福山式)

前回から引き続き、松前神楽の形式について紹介したいと思います。

大きく分けてこの3つ存在します。
函館市をはじめとした各町で行われている「渡島式(函館式とも呼ばれています)」、松前町をはじめとした各町で行われている「松前式(福山式とも呼ばれています)」と、福島町・小樽をはじめとした各町で行われている「福島式」とあります。

松前式は、前回の渡島式の松前神楽の原型にあった形式です。現在は松前方面中心に、各町でも行われているのを見ることができます。簡単な見分け方は、衣装を着けて神楽が行われるということで、長烏帽子、鬼狩衣、帯を使用して、松前方面かつ、神職が行うかという点であります。
渡島式では見られない神楽を見ることができます。主な舞いで、「荒馬舞」を見ることができます。「兵法舞」も行われる回数は少ないが、たまに見れる機会が多くなってきました。最近の傾向なのか、全て行われる神社は少なくなりました。神職の人数がいれば行われないし、時間がかかるという理由もあり、披露される舞いが渡島式の座数(神楽舞の数)とほぼ同じ座数+数座程度、行われています。

◆行われる主な神楽舞は、

 榊舞・鈴上げ・福田舞・利生舞(宵宮祭のみ)・二羽散米舞
 千歳・三番叟・翁舞・神遊舞・山神・〆引・獅子舞(五方舞・佐々良)
 荒馬舞


◆滅多に見られない舞い

 四ヵ散米舞・御稜威舞(みいつまい・獅子の上)
 獅子の鈴上げ・鬼形舞・兵法舞


御稜威舞もいい舞いなのですが、渡島地方ではあまり見ることがあまりできません。
城内神楽のお膝元・松前町でもあまり行われていないようですので、行って欲しいものです。

松前神楽 利生舞
2004年 矢不来天満宮・宵宮祭 利生舞

tag : 北海道 神楽 神事 松前神楽

松前神楽・豆知識 渡島式(函館式)

前回から引き続き、松前神楽の形式について紹介したいと思います。

大きく分けてこの3つ存在します。
函館市をはじめとした各町で行われている「渡島式(函館式とも呼ばれています)」、松前町をはじめとした各町で行われている「松前式(福山式とも呼ばれています)」と、福島町・小樽をはじめとした各町で行われている「福島式」とあります。

函館式は、函館市内のほとんどの神社と森町と各所で行われているようです。函館市内のは数カ所見てきましたが渡島式でした。
周辺の町でも行われているを確認したのは、北斗市の上磯八幡宮、意富比(おおひ)神社は、渡島式を行っていました。森町まで取材していないので確認していませんが・・・

歴史的には、森町の森稲荷神社の小島仁太郎(昭和11年に75才で没)さんと、上磯八幡神社の村田義徳(昭和5年65才で没)さんが二人で、この形式を造られました。座数、舞い、楽をあらたに、手直して行われているのが「渡島式・函館式」で現在に至ります。
荒馬舞(松前遊舞)と、兵法舞、鬼形舞、八乙女舞、御稜威舞(獅子の上)、獅子の鈴上げ、四ヵ散米舞はまだ見たことがないが、ほとんど行われないと思います。特別な行事に行われる時や、めでたい時に行われる、四ヵ散米舞もたぶん行われていないだろうと思われます。神遊舞の時や、他の舞いでも松前藩の家紋の入った衣装もつけず行われます。松前式を見てしまうと、「あれっ何で付けてやらないだろう?」と思ってしまいますが、形式が異なると言う訳なのです。
主に披露される神楽舞は、

榊舞・鈴上げ・福田舞・利生舞(宵宮祭のみ)・二羽散米舞
千歳・三番叟・翁舞・神遊舞・山神・〆引・獅子舞(五方舞・佐々良)


函館市内でご覧になっている方々は、市内の神社でしか見ていないと思いますので、このような形式があるのも知らないことだろうと思います。一度離れて各地を見てみると、形式が異なる場所もあって、「松前神楽」の面白さが理解できると思います。

ohmori_07_001.jpg
2007年 函館市大森稲荷神社例祭 神遊舞

tag : 北海道 松前神楽

小平町 鬼鹿厳島神社を訪問

私が所属している協会の展示のイベントで、旭川の隣町で写真の町「東川町」に行く用事があり折角だからと思い、北限の松前神楽が行われている小平町・鬼鹿地区まで関係者にご挨拶をかねて訪問することにした。

北海道中央部にこの「松前神楽」が行われている地域は、無いようだ。現存する松前神楽保存会は、日本海沿いにある。これは、鰊漁が物語っているであろう。福島町も鰊漁で栄え、不漁になり新しい魚場を求めて、日本海に沿って北上している。鰊場を作り、鰊に関わりのある人が移り住んでいった証だろう。

onisika_08_01.jpg
鬼鹿厳島神社

onisika_08_02.jpg
龍の彫り物が、なんとなしに鰊漁の全盛を思わせる

来年の小樽ブロックの合同公演は、鬼鹿で行われることになった。例祭かその合同公演に訪問したいと思う。

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。