スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗市・矢不来天満宮宵宮祭 鈴上げ・利生舞

北斗市茂辺地にある矢不来天満宮は、丘の上にあるお宮である。北海道の歴史にも登場する茂別館といって1443(嘉吉3)年、津軽の管領・安東太郎盛李が南部義政に攻略され、領地を追われ、蝦夷地に渡った時、館を造ったことに始まります。1457(長禄元)年5月、コシャマインの乱の時、道南の10館は相次いで攻め落とされましたが、この茂別館と上ノ国町・花沢館だけが館の強固さからのこったといわれています。その茂別館跡に、建てられたのが矢不来天満宮である。土地の名前から、矢が届かない場所に館があったことから矢不来という地名がついたとか。
昨年もお邪魔させてもらったお宮でありまして、感謝しております。来年は大祭の年なので、楽しみであります。

写真は、鈴上げ。最近は巫女さんが舞う姿が多かったせいか、少し新鮮に見える。
yafurai2007_01.jpg
鈴上げ

利生舞は、宵宮祭のみ行われる舞である。二羽散米舞(にわさごまい)の省略した舞であり、基本的な動きは二羽散米舞に似ている。
yafurai2007_02.jpg

スポンサーサイト

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

北斗市・瑞石神社宵宮祭 榊舞・獅子舞

急いで次の開場、瑞石神社に向う。数年前にも訪れたが、ここは何かと写真が撮りやすい神社なのだ。参詣者も少なく寂しいが、写真は撮りやすいのだ。丁度、神楽が始まる時にスベリ込みセーフであった。
祭主が最初に舞う舞、榊舞・みてぐら舞・祝詞舞ともいう。
mituisi2007_02.jpg
榊舞

獅子舞は、五方舞である。今日は、獅子舞のフルコースを見ているが、舞い手の方が舞う獅子舞は、至る所で見るがいつみても迫力がある舞を見せてくれる。
mituisi2007.jpg
獅子舞

松前神楽の旅も、2連チャンは早々出来るものではないが、神楽が2度見れて良い日だった。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

知内町・雷公神社例大祭 御稜威舞(みいつまい)

今年初めて訪れる神社であります。昨年は、あるスジの情報から見たいと思っていた「鬼形舞(きがたまい)」を奏上したらしい。例大祭前に、雷公神社に訪問し宮司さんに撮影の許可をもらう。その時に「鬼形舞(きがたまい)をやります?」と聞いたら、「多分やらないと思いますよ」と言われたので、四ヵ散米(しかさご)行列は出るということで行くことにした。
今日の9時から、行列出発ということで時間内に向うことに。行列は、猿田彦・四ヵ散米(しかさご)行列とその他通常の行列で、神輿が出なかった。

行列が神社に帰り、例大祭である。知内町の郷土資料館の方も撮影に来ていて、お話させてもらうと今日は、御稜威舞(みいつまい)をやるということを聞いた。これは事件だ。4年程松前神楽を追いかけてきて、話には聞いたことがあるが見たことの無い幻の獅子舞である。それを奏上するというのだ!来てよかった!
御稜威舞(みいつまい)は、副祭主が舞う舞で刀と扇子を使い、いつも行う五方舞の前に行う舞である。初めて見るのでシャッターを切ったが、舞は五方舞の足どりに似ていた。扇子と刀と同じ舞を行う。
raikou2007_01.jpg
御稜威舞(みいつまい)

御稜威舞(みいつまい)が終ると、通常に見る五方舞である。その後は、獅子の鈴上げに入る。
古い写真でこの獅子の鈴上げを見たが、実演はこれが初めてである。獅子頭と鈴を高らかに上げ、舞う舞だが、相当疲れる舞だろう。あまりやらなくなった理由もわからないわけでもないなぁと感じる。
raikou2007_02.jpg
幻の獅子の鈴上げ

獅子の鈴上げが終ると、ササラに入る。どうやら獅子舞のフルコースを見ているらしい。こんな長い獅子舞は初めてである。
raikou2007_03.jpg
佐々良(ササラ)

時間を忘れていて時計を見ると、もう18時!これは、次の開場に向わなければと思い、佐々良(ササラ)の途中で雷公神社を後にする。来年も来たいなぁ。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 御稜威舞 四ヵ散米

福島大神宮例大祭 直会(なおらい)

前回、載せれなかった写真を公開し、「あとの祭り」をお楽しみください。
月崎神社から始まった9/16、天候を見つつ時間を30分遅らしての渡御のスタート。巫女さんの行列希望者は競争率が高いらしく、もう来年の予約までしていく子もいた。
fuku_2007_01.jpg
巫女さんが通る

こちらは、直会(なおらい)の席にて。北大生が手伝いに来ていて、直会(なおらい)の席で即興に、四ヵ散米の笛・太鼓でよさこい風で舞ってもらった。北大生の活躍は、大いに祭りを盛り上がりに貢献したと思う。ご苦労様でした。
fuku_2007_06.jpg

tag : 北海道 松前神楽

福島大神宮例大祭 行列と神楽

昨日の宵宮祭から、1日置きまして本祭の日でありますが、引き続き渡御祭と本祭が行われた。きのうは丸一日渡御祭で、都合上今日だけ参加させてもらう。午前中は、目当ての「四ヵ散米(しかさご)行列」は午後から参加するとのことで、福島町内にある月崎神社からのスタートすることに。
行列は、規模が大きく驚かされた。巫女さんの数が多く、旗持ちの数も多く行列の人の多さに驚かされた。福島町全盛期には、行列から山車の参加人数述べ300名ほどのスケールであったらしい。今でもこれだけの行列は、福島大神宮と江差の姥神大神宮くらいだろうと思う。

fuku_2007_02.jpg
御神輿も高々に上げられ見ていても気持ちがいい

猿田彦は、神様の先導役であり鼻が高い。ご祝儀をもらう方向を向き、ご祝儀をもらいに行きもらったご祝儀を猿田彦の前に見せる。その時に猿田彦は、お辞儀なんかせず毅然としていなければならない。神様を先導している猿田彦の特権である。この風習は各町に異なる。
ご祝儀をもらう方向を誘導するのが、「袖引き」という役の人が猿田彦の両脇にいて、猿田彦面から視界が狭いので「袖引き」の役が、猿田彦の目になり方向を導く。

fuku_2007_03.jpg
猿田彦は「天狗さん」ではありません。天狗は妖怪です。

午後からは、四ヵ散米(しかさご)行列が入ってきた。5年ぶりに四ヵ散米(しかさご)行列が出るということで、やっと生で見れた。以前は函館市内でも、四ヵ散米(しかさご)行列が出ていたようで、写真で見たことがある。

fuku_2007_04.jpg
あと何年後に見れるかな?四ヵ散米(しかさご)行列

例祭に行われた神楽は、3座の奏上。榊舞・福田舞・獅子舞(五方舞)
写真は、獅子舞。舞い手は、神楽をはじめて7年になるという。舞だけではなく、笛・太鼓・神歌とこなす神楽伝承者である。いつ見ても「お見事!」の一言。

fuku_2007_05.jpg

-------------------------------------------------------------------------
おおまかに書いたが、写真を整理して見ていると6枚程にセレクトしており、今回だけでは載せられなかった写真は後日に公開することにしたい。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 北海道 郷土芸能 松前神楽

福島町・福島大神宮宵宮祭 鈴上げとササラ

毎年楽しみにしている福島大神宮。明日の渡御祭に、四ヵ散米(しかさご)行列が5年ぶりに登場ということで楽しみにしていたが、行けなくなり残念だが宵宮には4年目となり遂に、四ヵ散米(しかさご)行列が最終日の例大祭には見れる。
福島は、神楽会があり町民と神主2人の構成となっている。若手が育ってきており、ここの神楽の魅力を継承していってもらえるだろう。
宵宮祭で奏上された神楽は、榊舞・福田舞・鈴上げ・二羽散米舞・八乙女舞・獅子舞+ササラと奏上された。ササラは2年ぶりの奏上となった。

写真は、鈴上げとササラである。鈴上げは巫女舞ともいい、上下に鈴が舞うので「鈴上げ」といい、天女が天降るさまを表してる舞である。
ササラは、猿田彦がササラを持ち獅子をからかい遊びたわぬれ、平和な世の中を招く悪魔降伏の舞である。

fukusima2007_1.jpg
鈴上げ

fukusima2007_2.jpg
2年ぶりに現れた猿田彦


テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

函館市・上湯川稲荷神社宵宮祭 福田舞

松前神楽を取材しはじめて、まだ詳しいことも知らないに訪れた所で、取材を快く受けてくれた神社で、氏子さん方々にお世話になった神社でもあり、ここ数日連続の取材で、疲れが出ていることがついつい足を運んでしまう神社である。先日の湯倉神社・大森稲荷でも手伝い(じょきんというらしい)にいらっしゃっていた神主さん達もいて、なんとも好き者と思われてもしょうがないだろうなぁ。明日は、本祭で町内を門払いした後、本祭でも神楽が見れる。
写真は、福田舞。御幣を左右に持ち四方を清め、大地を踏みしめ五穀豊穣を祈願する舞である。楽や神歌は、他の舞でも使用しているのがある。

kamikunokawa2007.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

函館市・大森稲荷神社例大祭 福田舞・神遊び舞

本日は、函館駅前の通りに突き当たりにある神社・大森稲荷神社である。昨年お邪魔させてもらったが、今年は宮司のお孫さんからこのブログを見て、お誘いの書き込みを頂いていたのだ。いろいろな人に松前神楽を紹介するために公開しているので、こういう書き込みには弱いのだ。今年も取材させてもらうことに。
今回、氏子の皆さんの中にも何となく昨年見たことがあるということで、親切にしてもらった。
今日は、榊舞・鈴上げ・福田舞・二羽散米舞・翁舞・神遊び舞・〆切・獅子舞(五方・ササラ)
の奏上となった。

ohmori2007_1.jpg
福田舞

ohmori2007_2.jpg
神遊び舞
=============================
呼んでいただきありがとうございます。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

函館市・湯倉神社例大祭 浦安の舞と翁舞

本日は、無事に神輿の渡御が行われ、行列も無事に行われたようだ。渡御は見れなかったので、例祭には参加できた。天候は、昨日の天気も嘘のようないい天気で、しかも湿気を帯びてて、渡御に参加された方々は、大変だったと思われる。
例祭は、昨日の宵宮祭とは異なり見学客が多かった。松前神楽を撮影するカメラも多くなってきたようだ。神楽が本殿で行われるのは、湯倉神社だけと思っている方が以外と多いことも感じられた。道南のいたる所の神社でも、松前神楽が奏上されることを知らないらしい。是非、他の神社で行われる松前神楽も見てほしい。函館式、松前式、福島式とざっと大きく別けるとこの3つの松前神楽を実際に見てほしい。
浦安の舞は、今回で最後の奉納である。練習から見せてもらっていると、上達しているのもわかるし、衣装を着ると真剣な表情となり難なく奉納している風景を見ると、シャッターを押してしまう。↓

yukura_reisai2007.jpg
浦安の舞も今日が最後

yukura_reisai_mk.jpg
翁舞。モノクロの方がいいかもしれない。

松前神楽は、5座の奏上。榊舞・二羽散米舞・翁舞・〆切・獅子舞(ササラ付き)。今回の写真もモノクロで撮影。モノクロでの撮影もこれから力を入れていきたい。
=======================================================
福島町のかがり火コンサートで、雅楽の奏者の方とお知り合いになり、今回湯倉神社での件はその方のおかげでこのようにスムーズに、浦安の舞の練習風景から撮影する事ができたので本当に感謝しております。浦安の舞の指導された先生、歌人、巫女さんのお母様方には、本当にお世話になりました。来年またよろしくお願いします。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 浦安の舞 松前神楽

函館市・湯倉神社宵宮祭 浦安の舞と松前神楽

今日は、台風の接近となり風・雨共に厳しい状況の中の宵宮祭となった。夜店も出店していなくなんともお祭りらしくない風景の中、厳かに行われた。見学者は少ないが、この天気ではしょうがない気もする。
とうとう練習風景の取材を重ねた「浦安の舞」の本番である。練習の成果が出て華麗に舞い、見事な舞いを見せてくれた。↓

yukurayoimiya2007_1.jpg
浦安の舞の奉納

浦安の舞、と宵宮祭のシメは、松前神楽である。宵宮祭だが、榊舞・福田舞・神遊び舞・三番叟・獅子舞と5座奏上となった。普段行われる利生舞はなかった。最近は、太鼓と笛をよく聞くようにしている。微妙な感じに笛が異なる所が見えた。吹き手でも変わるのだろうか?
写真は、獅子舞。モノクロの神楽も味があるのではないだろうか。
yukurayoimiya2007_2.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

函館・湯倉神社 浦安の舞い 練習その2

先日お邪魔させてもらった湯倉神社にて、今回はお宮にて練習が行われるということで再度取材させてもらった。
今回は、巫女の衣装を身に付けて本殿での練習になるということで本殿へ。いやはや本日の天候は暑くて、本殿にも練習の熱気と暑さで汗だくとなってしまった。舞いは、連日の練習の成果が出て華麗な舞いを見せてくれた。先日同様、歌人も参加していて、生の歌と太鼓と全ての練習の成果も見られた。本番も楽しみである。
yukura_larn01.jpg
歌人さんも気合いが入る

yukura_larn02.jpg
まずは通常の練習

yukura_larn03.jpg
本番さながらの衣装を身につけると顔の表情が違う。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 北海道

函館市・湯倉神社 浦安の舞練習風景

今日は、そばの花観賞会だけでも満足の行く神楽を堪能したが、そばの花のイベントで先日行われた福島の「かがり火コンサート」でお会いした方と再会した。その方は、雅楽奏者で今晩、函館の湯倉神社で浦安の舞の練習に行くという話しを聞き、見学させてもらうことになり湯倉神社まで行くことに。昨年初めて見た浦安の舞いが印象に残っていて、その練習風景を見学させてもらえるのは、シャッターチャンスを掴むのにも参考になるので是非見学したいと考えていたので、願ったり叶ったりで快く取材にもご協力してもらってラッキーである。(昨年取材した浦安の舞の記事はこちら
4人で舞う構成になっていて、なんとも言えない優雅でおごそかな舞いである。道南でも、この浦安の舞いを行うのは、湯倉神社だけではないだろうか。
本番は、宵宮祭(9月7日午後6時から)と本祭(9月8日午後6時30分)で見る事ができる。宵宮祭・本祭とも祭礼の中の一部に行われるので、述べた時間以降に行われるので開始から見られることをお薦めします。

yukura_yasuura01.jpg


yukura_yasuura02.jpg


yukura_yasuura03.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 北海道

福島町・千軒そばの花観賞会 鈴上げ

毎年福島町・千軒で行われている、そばの花観賞会は年に一度しか見れない、そば畑の中で奏上される松前神楽が魅力なイベントで、今年もお邪魔させてもらう。参加も毎年増えてていて盛況である。今年はそばの花も見事に綺麗に咲き、天候も暑いくらいの好天で行われた。ツアーでいらっしゃる方もいて、このイベントが注目されてきていることは確かであると思われる。そば畑で奏上される松前神楽は、魅力的な行事になってきている証拠だ。
松前神楽の方は、6座が奏上された。榊舞・福田舞・八乙女舞・山神・鈴上げ・獅子舞である。今年は巫女舞が2座あり、2人舞の八乙女舞と1人舞の鈴上げが見物であった。八乙女舞は、福島だけしか見れない舞いであり、他の地域では見れない。まだご覧になっていない方は、一度見に来る価値があるイベントなので足を運んでみてはどうだろうか。

写真は、「鈴上げ」である。最近、このブログでも鈴上げの掲載が多いが、偶然にも取材先の神社で奏上される鈴上げが、巫女さんであるのでついつい掲載してしまう傾向になっているようだ。ゆったりした優雅な舞いは、心が落ち着くのでしょうがないかな?
よーそろー

sengen2007.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。