スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松前町・阿吽寺「紫燈大護摩」火渡り修行

昨年と同じ日程でとり行なわれた、「紫燈大護摩」火渡り修行。今回で2回目の取材である。北海道では、ここだけでないだろうか?火渡り修行があるのは。一般の人も渡る事ができ、無数の人が火渡り(と言っても火の間)を通り、厄祓いを行なっていた。昨年は、護摩炊きをお願いしたが今回は止めておいた。
いつも行事で共通の被写体を追っかけている、札幌の方と久々に会い、いろいろと教えてもらえた。感謝であると同時にこの場をかりてお礼を申し上げます。

なかなかこの行事は、一枚で表現できないと思われるのと、一年に一度しか掲載しないので二枚を掲載してみた。

aunji_2007.jpg

aunji_2007_02.jpg

スポンサーサイト

月島奴振(松前桜まつり 郷土技能大公開にて)

松前桜まつりのイベントで、郷土技能が公開された。松前も北海道の城下町であり、郷土芸能が残っている地域である。月島奴振りは松前町指定無形民俗文化財で、月島地区に代々伝承されたもの。松前藩の奥方が登城したときの奴振りが起源であると伝えられている。24名からなる大名行列が地区を練り歩き、松前藩当時の雰囲気を今に伝えている。
今回は少ない行列でしたが、伝承者不足して難しいのだろうと思われる。フルの奴行列は見れることはないのだろうか?

ゴールデンウィークの為に、桜見学の来客が多かった。桜の花の付きが昨年よりも、少なく感じられた。

tukisima01.jpg

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。