スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 総括

今年の総括として。

今年は仕事で神楽見学は、前年よりも見ることが出来ませんでした。その代わりといっては何ですが、私のおぼつかない文章が、新聞記事になりいろいろと活動させてもらいました。少しでも、北海道にも歴史的な郷土芸能の存在に気が付いてもらい、鑑賞してもらいたいという想いが少し通じた年でもありました。

少し演ずる方も見る方にそれなりに、知識と鑑賞方法なんか知ることでこの「郷土芸能」が一層面白く見られるのではないだろうかと感じます。担い手は特に、他の郷土芸能との交流を持つことに、発展することがあると考えられます。地域の発展やアイディアがそこに隠れていると思われます。

来年も記事は少ないかもしれませんが、取材した記事はもちろんのこと、郷土芸能の魅力や視点も含めて記事を書いて行こうと思います。Facebookも活用した記事やブログとの連携も視野に考えたいと思います。

松前神楽 神遊舞

白符大神宮 荒馬踊り

祭り人 子供達

江差町 田沢稲荷神社 鹿子舞

スポンサーサイト

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 郷土芸能

撮りおろし展「-いのちの記憶-HOKKAIDO 2011」出展します。

NPO法人 北海道写真家ネット『ノースファインダー』の写真展に参加致しました。

姥神大神宮渡御祭の写真を出品しております。ネイチャーが多い中、北海道遺産になっている姥神大神宮渡御祭山車(やま)行列の模様を出しました。

明日からになりますので、「祭りと神楽」共々よろしくお願いします。




2010年~2011年にかけて、北海道の多ジャンルの写真家31名が「いのち」をテーマに撮りおろした作品を一堂に展示します。
人々の暮らしや自然環境に息づく動植物の営み、生命の痕跡や写真家が感じた生命の気配等々。21世紀初頭の北海道にはどのような生命の系譜が存在するのでしょうか。
北海道から発信する写真展、是非ご高覧下さい。
会期 : 2011年11月25日[金]-30日[水] 10:00am-7:00pm
会場 : 富士フイルムフォトサロン札幌


〒060-0042 札幌市中央区大通西6丁目 富士フイルムビル1F
TEL. 011-241-7366
http://fujifilm.jp/photosalon/

入場無料

【出品者】
浅野久男 / 池田宣博 / 石黒 誠 / 上村孝幸 / 及川 修 /
大橋英児 / 岡本洋典 / 菊地晴夫 / 岸本日出雄 / 北川陽稔 /
久保田亜矢 / 黒田 拓 / 駒井千恵子 / 酒井広司 /
ジェフ・チャップリン / 竹下幸一 / 谷口能隆 / 千葉一仁 /
辻 博希 / 戸張良彦 / 内藤律子 / 中村健太 / 野口純一 /
干場忠夫 / 宮澤修一 / 深山 治 / 宮本昌幸 / 門間敬行 /
矢部志朗 / 山崎 一 / 渡辺洋一 (31名・50音順)

撮りおろし展「-いのちの記憶-HOKKAIDO 2011」

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 江差町 姥神大神宮渡御祭 山車 -いのちの記憶-HOKKAIDO 2011 NPO

「祭りと神楽」写真展2日目

本日、2日目を迎えました。
昨日はパーティーが行われ、様々な方とお話しました。写真のことはあまり話さず、祭りの直会(なおらい)の雰囲気でした。


今回は、松前神楽以外にも出展しました。初めて展示した、北斗市にある3つの奴行列です。
奴行列が出ている地域はありますが、3カ所で行われている奴は特色もあり面白いです。是非、会場でもご覧ください。

上磯奴 北斗市
上磯奴

大野開発奴 茂辺地奴 北<br />斗市
大野開発奴 茂辺地奴


祭りと神楽為岡進 及川修 二人展
期間:2011年11月21日(月)~26日(土)11:00~19:00
場所:ギャラリーたぴお 札幌市中央区北2条西2丁目道特会館1F

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 写真展 祭りと神楽 及川修 為岡進 北斗市 上磯奴 大野開発奴 茂辺地奴

「祭りと神楽」為岡進 及川修 二人展

昨日から写真展がはじまりました。

札幌は日曜から雪が降ってきて、根雪になっております。
その中、ご来場していただいた方、ありがとうございます。

祭りと神楽01

祭りと神楽02
会場風景

22日と23日の午前まで、会場にいますのでご来場お待ちしております。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 松前神楽 写真展 祭りと神楽

写真展「祭りと神楽 二人展」のお知らせ

急遽決まりました。テーマは、「祭りと神楽」です。
私と、40年江差の姥神を取材された「江差姥神大神宮祭礼写真集」の為岡進さんとの二人展です。
私は「神楽」担当です。

期間:2011年11月21日(月)~26日(土)11:00~19:00
場所:ギャラリーたぴお 札幌市中央区北2条西2丁目道特会館1F

11月21日(月)18:00オープニングパーティー

21日のオープニングパーティーが行われます。参列をご希望の方は、左のメールフォームでお知らせください。


大きな地図で見る

tag : 写真展 札幌 神楽 為岡進

北海道新聞道南版「いさり火」掲載

8月28日(日)に、松前神楽の解説と撮影秘話を書いたのが掲載されました。
紙面に、松前神楽の事を記載させてもらい感謝しております。
大きく掲載されましたので、多くの方々からお声をいただきました。正直、お恥ずかしいのですが、秋のシーズンのお祭りに少しでも神社に足を運んで、松前神楽を見てもらえるように解説と撮影の苦労話と、このブログの事を少し入れて紹介させてもらいました。

北海道新聞道南版2011年8月28日(日)いさり火
クリックして大きくしてご覧下さい。

昨日の、福島町のそばの花鑑賞会でも声をかけていただきありがとうございました。
あの記事で、入場された方もいらっしゃったようで、感謝申し上げます。

只今、他の取材が溜まり、ブログの更新が滞っています。もう少しお待ちください。


ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

 

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神楽 松前神楽 北海道新聞

「週間江戸 NO.60」に松前神楽掲載

少々遅れてしまいましたが、松前神楽の事が「週間江戸 NO.60」という小冊子に掲載されました。
記事の規模が大きくはないですが、写真の提供もさせてもらいました。

「週間江戸 NO.60」

週間江戸 NO.60 「十一代将軍と一橋家」
号数:第60号
発売日:2011-03-08発売
通常定価 :580円(税込)


 

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 松前神楽 神楽 週間江戸 NO.60

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。