スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 湯倉神社本祭 2012

9月8日(土)、函館の湯の川温泉にあるのが、湯倉神社であります。宵宮祭には行くことができず、本祭を取材させてもらいました。

松前神楽を取材して、もう8年目くらいになります。
函館市内での取材はあまりしておらず、少し取材しようと考えております。函館にも松前神楽の保存会がありますが、若手が少ないようにも感じられます。

今回行われた神楽舞は、榊舞、翁舞、注連祓舞、十二の手獅子舞・五方の四座行われました。

幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)、祝詞舞(のりとまい)とも云います。
その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いであります。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いであります。

湯倉神社 榊舞
榊舞

翁舞(おきなまい)は、面白く背が高く心柔和な老翁が、額にしわがよっても身体堅固で幾星霜を経る間に、身分が高い位に登った姿で、舞中に願意を言葉に表し、息災延命、立身出世を祝って舞う福禄寿の備わった最も目出度い舞いであります。

湯倉神社 翁舞
翁舞

注連祓舞(しめはらいまい)、〆引(しめひき)、七五三祓舞(しめはらいまい)とも云います。白扇を四方四隅中央を祓い、真剣を抜き天井に十文字の縄を張った注連縄を切り払い、悪魔退散、国土安穏、千秋万歳を祝して舞われる舞いであります。

湯倉神社 注連祓舞
注連祓舞

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。

湯倉神社 十二の手獅子舞
十二の手獅子舞・五方

今後もどのくらいの神社に取材できるかわかりませんが、行きたいと思います。

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神事 神楽 松前神楽 湯倉神社

北斗市 意富比(おおひ)神社渡御・本祭

昨日の宵宮祭から、引き続き、意冨比(おおひ)神社の取材であります。
この日は、イベント続きでありまして、この行列をある程度見たら、急いで福島町・千軒まで行こうと考えていました。千軒のそば畑でのイベントで、松前神楽が奏上されるので、どちらも見られる時間配分なので、両方を追う事にしました。

大野奴行列が出る勇壮を拝見できました。

大野奴
大野奴

進行も隊列の勇壮さを見て、「素晴らしい」のひと言です。2列から1列に変わり、そして1列になる所も、洗練されていて、素晴らしいです。

大野奴

先導役の拍子木の音で、2列になり行進したります。見事です。

大野奴

後ろから神社行列が進行してきました。

意富比神社 神輿
神輿行列

勇姿を見た後は、福島町に向いました。そば畑でのイベント終了後、本祭を見る為に福島町から戻って来ました。
「MORE」をクリックして下さい。

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神楽 松前神楽 北斗市 意冨比神社 例祭

北斗市 意冨比(おおひ)神社宵宮祭

4年前にも取材した神社であります、北斗市(旧大野町)の神社であります。
箱館戦争の激戦地でもあり、それなりに有名な神社であります。境内にあるイチョウの木に、箱館戦争の銃弾の跡があります。

北斗市 意冨比神社
意冨比神社

行われた神楽舞いは、榊舞(さかきまい)、鈴上舞(すずあげまい)、福田舞(ふくだまい)、利生舞(りしょうまい)、十二の手獅子舞(じゅうにのてししまい)のいつもの宵宮祭で行われる定番であります。

幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)、祝詞舞(のりとまい)とも云います。
その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いであります。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いであります。

松前神楽 榊舞
榊舞(さかきまい)

鈴上げ(すずあげ)、神子舞(みこまい)、乙女舞(おとめまい)とも云います。
天女の天降るさまを舞う神子(みこ)の祝福の舞いであります。

松前神楽 鈴上
鈴上舞(すずあげまい)

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いであります。

松前神楽 福田舞
福田舞(ふくだまい)

利生舞(りしょうまい)は、神々に初穂を献じ、 鎮魂を祈るため、 烏帽子、 狩衣、 扇、 玉鈴を持ち行われる二人舞いです。二羽散米舞(にわさごまい)の省略した舞いであると云われていまして、主に宵宮祭でしか見ることができない舞いである。

松前神楽 利生舞
利生舞(りしょうまい)

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。

松前神楽 十二の手獅子舞
十二の手獅子舞(じゅうにのてししまい)

明日は、2年ぶりに奴行列が出るとの事で、再び取材します。


ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神楽 松前神楽 北斗市 意冨比神社

函館市 石崎地主海神社 恵山松前神楽保存会披露

北海道の桜もソメイヨシノが散り、遅咲きの桜も見頃になります。函館の石崎地主海神社の桜並木では、見頃を迎えた遅咲きの関山(かんざん)、普賢象(ふげんぞう)が今年も満開の中、松前神楽が奏上されるという知らせを聞き、取材させてもらいました。

石崎地主海神社鳥居
石崎地主海神社鳥居

桜並木は、別の私のブログ・ホームページでご覧下さい。

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 函館市 松前神楽 恵山松前神楽保存会

函館市 湯倉神社 宵宮祭 2010

函館・湯の川の温泉街の湯倉神社の宵宮祭に、今年も神楽舞いを見に行きました。

以前ここの神社は、福島大神宮の前宮司・常磐井武宮さんが数年間、代宮司をしていました。助勤といって、お祭りを助けにいらっしゃる周辺の町の宮司又は、禰宜たちが祭礼や神輿渡御のお手伝いをしています。各市町村からいらっしゃる神職が集まり、松前神楽の形式が異なり、ここで数カ所の形式を見ることができました。
松前神楽の形式でいうと、福島式、函館式、松前式が行われていまして、見る方(基本的に私だけですが)にとっては面白い所でありました。現在では、松前式、函館式が見られます。松前神楽と浦安の舞も見られるので、浦安の舞を目的にいらっしゃる方もいると思われます。

浦安の舞は、昭和天皇御製(昭和天皇が詠まれた和歌を御製という)をもとに作られた舞であるそうで、昭和15年皇紀2600年を奉祝して振り付けされた神楽で、それ以降代表的な神楽だそうであります。

yukura_yumi_2010_01.jpg
浦安の舞

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神楽 松前神楽 函館 湯倉神社

函館市 神山稲荷神社 本祭

初めて取材させてもらう函館の神社です。
近年あまり函館市内の神社での取材はしておりませんでした。函館松前神楽のデータが少ないのもあり、今年から少しでも入れていこうと思いました。

神山稲荷神社の由緒は、

寛政8年(1796年)旧9月創祀、貞享3年(1686年)佐々木佐四郎の祖、陸奥国七戸の住人佐四郎法国、蝦夷地に移住の時故郷より御神体を奉持し来て上の山(神山村)に小祠を建立する。元禄5年(1692年)上の山地区は次第に人口が多くなり、佐四郎村民に議り、上の山村の鎮守の神として祀る。寛政8年(1796年)旧暦9月、亀田八幡宮社司藤山和泉正季房、上の山地区に社殿を建立する。その後村民で産土神として祀って来たが、人口減少で同村鍛治稲荷神社に明治45年合祀されるが、戦後人口増になり、昭和42年宗教法人設立、元の通り産土神となる。

※いつもながら北海道神社庁より引用

とあり、古い歴史を持つ神社であります。

kamiyama_2010_10.jpg
神山稲荷神社


続きを読む

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神楽 函館 神事 松前神楽

函館市 山上大神宮宵宮祭

以前にも山上大神宮の松前神楽を撮影させてもらいましたが、このブログをはじめる前に取材していましたので、このブログでは初めて紹介させてもらいます、函館市の山上大神宮であります。

私が松前神楽を取材しはじめて間もない頃に取材をしまして、様々な所に取材をしていると、山上大神宮の宮司さんの舞いを見る機会があり、舞い方から楽までの姿を見ていて素晴らしいと感じていました。

山上大神宮の由緒は、

社伝によると応安年間藤坊という修験者が当地に渡来、亀田赤川村神明山に草庵を結び伊勢神宮の御分靈を奉斎したことに始まる。明暦元年(1655年)5月、尻澤邉村(現在の住吉町)に移転遷座し、箱館神明宮と称した。天和2年現在の西消防署弥生出張所付近に移転し、明治7年、従来の神明宮の社名を、この地の山ノ上町をとり山上大神宮に改称し、明治9年郷社に列せられる。同11年11月と翌12年12月に大火にて類焼、一時住吉町の住吉神社に仮遷座し、同15年9月、船見町85番地に社殿を新築して移転、同35年11月、同町125番地に移転改築された。同40年6月、神饌幣帛料供進神社に指定される。昭和5年6月、社殿以下全ての改築を行い同7年3月に竣功した。また、当神社は箱館戦争の折、榎本武揚率いる旧幕府軍に加わった桑名藩主松平定敬の御座所にも使用されている。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
稲荷神社 倉稲魂神・川濯神社 木花開耶姫命・匠廼祖神社 手置帆負命、彦狭智命・出雲神社 大国主命・住吉神社 中筒男命・秋葉神社 迦具土神、火産霊神・薬師神社 大己貴命、少彦名命・天満宮 菅原道真公


※いつもながら、北海道神社庁から引用

yamanoue_2010_06.jpg
山上大神宮

幕末の頃、第8代宮司・澤辺琢磨(旧姓・山本琢磨)は、天保6年(1835年)、土佐国土佐郡潮江村(現在の高知市)に土佐藩の郷士である山本代七の長男として生まれます。山本代七の弟・山本八平は同じ土佐郷士の坂本家に婿養子として入り坂本直足と改名、次男に坂本龍馬をもうけており龍馬とは血縁及び実質上の従兄弟同士であります。また琢磨の母は武市瑞山(半平太)の妻である富子の叔母であります。
酒を飲んでの帰り道に拾った金時計を酔った勢いで一緒にいた友人と共謀し時計屋に売ってしまい直ちにそれが不法なものであることが発覚して窮地に追い込まれます。訴追を逃れるために龍馬や半平太の助けを得て江戸を脱出し、様々な所を渡り函館に落ち着きます。函館では持ち前の剣術の腕が功をなし、それがきっかけとなって道場を開くと町の名士たちとも親交を持つようになり、そんな中で知り合った箱館神明宮(現・山上大神宮)宮司の沢辺悌之助に請われて娘の婿養子となり、以後、沢辺姓を名乗る。後に日本ハリストス正教会の初穂(最初の信者)となり、改宗して当宮を去りました。
今年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」第9回「命の値段」で、山本琢磨のエピソードが登場しました。

祭典のお手伝いをしている女性に聞いて見に行って見たのが、境内に蛇の彫物をした岩があります。
詳細のいわれも知りませんが、その女性に聞く所によると祈願すると福をもたらすそうで、お金に縁があまりない私がお願いしてきました。

yamanoue_2010_07.jpg
境内にある岩

続きを読む

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 松前神楽 函館式 山本琢磨 坂本龍馬 武市半平太 龍馬伝

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。