スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ祭 最終日 2012年

いよいよ本番の海水沐浴を迎えました。
2日間の荒行を乗り越えての最終日は、朝に一回だけ水ごりをして、本番を迎えているようだ。今年は、朝から取材はしておらず、出発式間際に神社に向かいました。

今年の印象は、「特に寒い」に限ります。
数年前から見ても最悪の気温での水ごりは、厳しかったのではないだろうと感じております。

出発式 玉串 行修者
出発式

木古内 寒中みそぎ 行修者
海水沐浴に向かう準備

木古内 寒中みそぎ 行修者 ご神体
御神体を持ち本殿を出る行修者

木古内 寒中みそぎ 行修者 海に向かう
海に向かう際の行修者・別当(竹田俊輔さん)


続きは「MORE」をクリック

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 神事 寒中みそぎ 海中沐浴 行修者 別当・竹田俊輔

木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ祭 2日目 2012年

昨日は、午前1時半過ぎまで取材していたので、午後から再び、佐女川神社に向かいました。
昨夜の降雪としばれた(凍った)せいもあり、道のりは少々ゆっくり走行しました。気温といいい、降雪量といい、今年のみそぎは厳しいと感じられます。

神社に到着すると、行修者は休んでいました。朝の水ごりから、幾度か水ごりしていたであろう様子でした。
しばらくして水ごりがはじまりました。

寒中みそぎ 水ごりに向かう行修者

寒中みそぎ 水ごりに向かう行修者

寒中みそぎ 水ごりする行修者
上3枚 水ごりする行修者

続きは「MORE」をクリック

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 寒中みそぎ 行修者

木古内町・佐女川神社 寒中みそぎ・参籠報告祭 2012年

もう全国的に有名になりつつある、木古内町佐女川神社寒中みそぎの取材も私にとっても修行の一つになりつつあります。特に今年の気温は厳しく、北海道にも大寒波が来て、前日(1月12日)には、私の住む北斗市で-19℃にも下がり、作よりも条件が厳しい中のこの「寒中みそぎ」を迎えました。

今年は、参籠報告祭を取材出来ました。

木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ
木古内町 佐女川神社

参籠報告祭前の少し緊張した雰囲気での1枚です。今年もテレビの取材があり、全国的にオンエアされるということになるでしょう。

佐女川神社 寒中みそぎ 行修者
行修者

1月11日のテレビ朝日「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で、寒中みそぎの模様の映像を提供しました。
関係者も多く見られたようで、開催前にオンエアされてよかったです。昨年、あまり良くないおもちゃカメラで撮影しました。




続きは「MORE」をクリック

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 参籠報告祭 行修者

木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ 海中みそぎ 2011年

昨夜に続き、木古内町寒中みそぎの取材であります。
昨夜は遅くまで残っていましたが、ギャラリーの方も昨年よりも多く、私も遅く帰ろうと思っていても、これから見ようとしている観客もいて、この祭りの認知度が高くなってきている証拠です。

この日も、出発式の終わりに到着し取材させてもらいました。
この日の為の水ごりでしたので、2日間の荒行で無事に御神体を清めて戻ってくれるでしょう。
流石に佐女川は、氷がはっていて昨年よりも厳しい条件であったと思われます。

冬の佐女川
当日の佐女川

佐女川神社
出発前の佐女川神社

アクセスランキングにご協力下さい。よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 神事 行修者

木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 2日目 2011年

昨日から引き続き、木古内町寒中みそぎを取材しております。
この日も、夜のみの取材となりました。粛々と行修者は、水ごりをしていたようです。

今日は夜のイベントがあり、みそぎの舞の披露、もちまき等が行われて、最後に水ごりが披露されます。

佐女川神社
夜の佐女川神社

会場に着いた時には、水ごりが始まっていました。

水ごり
正装での水ごり

みそぎ2日目の夜はこれからです。
明日に向けて水ごりはあまり行われない中日ですが、今年はギャラリーが多くいらっしゃっています。

アクセスランキングにご協力下さい。よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 神事 行修者

木古内町 寒中みそぎ 初日 2011年

今年もこのシーズンが始まりました。1月は、新年の門祓・神楽奉納と、寒中みそぎであります。
今年から、寒中みそぎのことを詳しく書くことはありません。数年前の過去の蓄積されたデータを参照下さい。

今年は、昨年に比べても温度も初日から低く、雪も多く、大変であります。最初の水ごりも雪でありました。

水ごりに向う
拝殿から降りて行く

水ごりの様子は、見ている方が寒そうな顔をして見ている方が多いようです。確かに見るだけでも寒さを感じます。水ごりの水は、水道水であります。昔は、佐女川の水を使用しておりましたようで、氷を割ってその水で、水ごりしたようであります。

水ごり・正装

行修者は、4年務めます。今年から参加した行修者は、秋田県出身の方でありまして、地元に関連した選出は、人口減少と少子化に拍車をかけて無理だったようであります。

水ごり・正装
最初の水ごり

最初の水ごりをし、だいたい1時間くらいおきに水ごりが行われます。以後は、パンツを履いての水ごりであります。行修者は、最初の日に多く水ごりをして、身体を慣らしていくようであります。

水ごり・パンツ
昼夜を問わずに行われる水ごり

今年は、取材陣も多くマスメディアに登場する機会が多いでしょう。
私の方も、少々切り口を変えて水ごり風景だけではない光景を写して行ければと考えています。

アクセスランキングにご協力下さい。よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

 

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 神事 行修者

木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ 海中みそぎ 2010年

2日間水ごりで身体を清め、本日1月15日は御神体を持ち津軽海峡に入り清める日である。
朝5時に水ごりが行われたらしく、私が着いた午前7時頃にはもう一度水ごりが行われた。
今日の為に、厳しい水ごりをしてきたので、もう顔も身体も出来上がって来ている。顔立ちも初日とは違う。

misogi2010_1-15_01.jpg
水ごりをする別当

misogi2010_1-15_02.jpg
水ごりをする稲荷

misogi2010_1-15_03.jpg
水ごりをする山の神

misogi2010_1-15_04.jpg
水ごりをする弁財天

続きを読む

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 神事 行修者 円空仏 伝説

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。