スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松ノ脇神楽巡演記「お神楽初恋巡演記」

東北・岩手県の北の町、軽米町にあった「松ノ脇神楽」の門打ち(北海道でいう、門払い)の巡業を記した貴重な本を紹介したい。(門払いとは、笛・太鼓を奏でながら各家の前を回ること。お祭りの行列の縮小版というか、簡易的な行列で各家を回る神事である。)

松前神楽は、東北の神楽の影響を受けているのを聞いたこともあり、この本を購入して見てみた。

タイトルから見ても、神楽の巡業のことを書いている。幼いとき神楽を見て「神楽は面白いもの」と思い、神楽師の門を叩き、巡業の年に参加している。
各地区を旅をしている様が、見えて昭和22.23年の1月、2月の巡業での出来事を本にしている。
ほのぼのとした文章で、神楽を行ったことのある方や、神楽に興味がある方にとっては、思い当たることもあるだろうと思われる。巡業先の娘さんとの淡い恋心もあり、青春の神楽日誌である。

定価1,000円(税込み) ツーワンライフ出版

盛岡市内のさわや書店、東山堂、ジュンク堂書店で扱われている。
ネット販売:アマゾン・セブンアンドアイ・楽天ブックス・JBooK・Yahooブックス・TSUTAYAオンラインショップ・LivedoorBooks・紀伊国屋書店・ 丸善で取り扱っている。

購入は、吉岡一男さんまでメールを メールは juriya@beige.plala.or.jp まで

machu_book.jpg


お神楽初恋巡演記お神楽初恋巡演記
(2009/11)
吉岡 義三

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 岩手県
ジャンル : 地域情報

tag : 岩手県 松ノ脇神楽

函館八幡宮宵宮祭 豊栄の舞

今年、神輿の石段の駆け上がりが行われる函館八幡神社の宵宮祭を取材。
毎年神楽の取材もさせてもらっている。雅楽の神楽を見れるのも、函館近郊では少ないからだ。松前神楽にはない優雅でおごそかな舞いである。

hati08_yomiya01.jpg
豊栄の舞

hati08_yomiya02.jpg

hati08_yomiya03.jpg

明日は、いよいよ渡御祭である。雨が心配されるが、保って欲しい。

石崎地主海神社春季例祭 豊栄の舞

初めて取材させてもらう所で、函館市石崎町にある石崎地主海神社で行われた、春季例祭に許可をもらい、豊栄の舞を撮らせてもらった。

先日、桜の名所でもあるこのお社に参詣も兼ねて訪れると、パンフレットに春季例祭が、近日だと言うことを知る。しばらく活動してなかったので、取材を申し込んだ。
宮司さんともお話しさせてもらうと、松前神楽ではなく雅楽・豊栄の舞が奉納されることという。市内のお社でも雅楽を奉納するのは、数社だけだと思われる。よくお聞きすると、函館八幡宮で豊栄の舞を奉納されているという。お世話になっているのだが、直接にお話したことがなかったし、いつも写真を函館八幡宮に持って行ったので、直接にお話することはなかった。てっきり函館八幡宮の方が、奉納されているとばかり思っていた。
雅楽を行うのは、市内でも組織が幾つかあるようで、その存在を知ったのは昨年だった。
撮影の許可をもらい、当日まで撮影方法を考える。

ji01.jpg

ji03.jpg

今回は、ストロボを使用しないで撮影してみた。ISO1600にデジカメをセットするが、粒子の状態は悪くなるが、今回はあえて撮影してみた。

続きを読む

tag : 北海道 巫女 豊栄の舞

函館八幡宮・新嘗祭 浦安の舞

2年前に初めて拝見させてもらった函館八幡宮の新嘗祭に、再度取材させてもらった。
前回見せてもらった神楽は、豊栄の舞いであったが今回は浦安の舞が奉納された。今年は湯倉神社で見せてもらった浦安の舞だったが、函館八幡宮でも拝見できた。同じ浦安の舞でも若干、舞い方が異なるものものだと感じられた。

浦安の舞の説明は、こちら。(以前書いた記事から)

hakohati_niiname2007.jpg
函館八幡宮 浦安の舞


テーマ : 祭り・神事の写真
ジャンル : 写真

函館・湯倉神社 浦安の舞い 練習その2

先日お邪魔させてもらった湯倉神社にて、今回はお宮にて練習が行われるということで再度取材させてもらった。
今回は、巫女の衣装を身に付けて本殿での練習になるということで本殿へ。いやはや本日の天候は暑くて、本殿にも練習の熱気と暑さで汗だくとなってしまった。舞いは、連日の練習の成果が出て華麗な舞いを見せてくれた。先日同様、歌人も参加していて、生の歌と太鼓と全ての練習の成果も見られた。本番も楽しみである。
yukura_larn01.jpg
歌人さんも気合いが入る

yukura_larn02.jpg
まずは通常の練習

yukura_larn03.jpg
本番さながらの衣装を身につけると顔の表情が違う。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 北海道

函館市・湯倉神社 浦安の舞練習風景

今日は、そばの花観賞会だけでも満足の行く神楽を堪能したが、そばの花のイベントで先日行われた福島の「かがり火コンサート」でお会いした方と再会した。その方は、雅楽奏者で今晩、函館の湯倉神社で浦安の舞の練習に行くという話しを聞き、見学させてもらうことになり湯倉神社まで行くことに。昨年初めて見た浦安の舞いが印象に残っていて、その練習風景を見学させてもらえるのは、シャッターチャンスを掴むのにも参考になるので是非見学したいと考えていたので、願ったり叶ったりで快く取材にもご協力してもらってラッキーである。(昨年取材した浦安の舞の記事はこちら
4人で舞う構成になっていて、なんとも言えない優雅でおごそかな舞いである。道南でも、この浦安の舞いを行うのは、湯倉神社だけではないだろうか。
本番は、宵宮祭(9月7日午後6時から)と本祭(9月8日午後6時30分)で見る事ができる。宵宮祭・本祭とも祭礼の中の一部に行われるので、述べた時間以降に行われるので開始から見られることをお薦めします。

yukura_yasuura01.jpg


yukura_yasuura02.jpg


yukura_yasuura03.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 北海道

函館市・函館八幡宮 宵宮祭 豊栄の舞

今年は、神輿の駆上がり神事がないので神楽だけを取材させてもらう。来年は神輿の渡御があるので、楽しみである。
函館八幡宮は、歴史も古く信仰する人を少なくなくない神社である。終戦までは、国弊社といって神社にも位があり、北海道では北海道神宮・函館八幡宮だけ国弊社であったのを見ると、位の高い神社だったと思われ、その名残がまだあり信仰する人が少なくないと思われる。函館のお盆は、函館八幡宮の例祭が、8月15日に行なわれるのを考慮して、7月になっているくらいだ。
その国弊社であった名残から、道南では唯一松前神楽は奏上されない神社なのである。国弊社になるまでは、奏上されたいたようであり、神楽の道具が残されていると言う話しを聞いた。
ここは松前神楽ではないので、毎年楽しみにしている。巫女さんが二人で舞う神楽である。

hakohachi2007.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。