スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽市 松前神楽北海道連合保存会・合同公演 その2

11月5日(土)小樽市マリンホールにて行われた、松前神楽合同公演の後半です。

ここで紹介する後半の神楽舞いは、福田舞(ふくだまい)、★太平楽盆舞(たいへいらくぼんまい)、山神舞(さんじんまい)、三番叟(さんばそう)、荒馬舞(あらうままい)、四箇散米舞(しかさごまい)、注連祓舞(しめはらいまい)、十二の手獅子舞・御稜威舞(じゅうにのてししまい・みいつまい)、獅子舞・五方(ししまい・ごほう)、獅子舞・鈴上(ししまい・すずあげ)・面足獅子(もたりしし)通称・佐々良(ささら)であります。
★太平楽盆舞は、松前神楽ではなく、越後太々神楽(えちごだいだいかぐら)であり特別に行われました。

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いであります。(福島町松前神楽保存会

福田舞
福田舞(ふくだまい)福島町松前神楽保存会

特別に行われた、越後太々神楽・太平楽盆舞(えちごだいだいかぐら・たいへいらくぼんまい)であります。
松前神楽ではないのですが、太々神楽は全国各地で行われている神楽ですので、北海道の開拓の入植者によって伝承されていると思われます。

★越後太々神楽・太平楽盆舞(えちごだいだいかぐら・たいへいらくぼんまい)
越後の国一の宮として古くから信仰を集め、新潟県唯一の大社として弥彦山に鎮座する彌彦神社には無形文化財である有名な太々神楽があります。今も尚この太々神楽は各地に散在し、各地方の祭典にも寄与され、1つ1つの御神楽にも越後の国らしい独特の情緒を表しています。

太平楽
越後太々神楽・太平楽盆舞(えちごだいだいかぐら・たいへいらくぼんまい)
★越後太々神楽・太平楽盆舞は、松前神楽ではありませんのでご注意下さい。

   

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 神事 神楽 松前神楽北海道連合保存会 松前神楽松前ブロック保存会 福島町松前神楽保存会 松前神楽函館連合保存会 松前神楽小樽ブロック保存会

小樽市 松前神楽北海道連合保存会・合同公演 その1

11月5日(土)小樽市マリンホールにて行われた、松前神楽合同公演を取材させてもらいました。今回は、私の写真の展示もあり開始前から会場入りさせてもらい、写真の展示をしました。会場の写真は都合上、撮影できませんでした。いろいろな人に挨拶や、声を掛けていると正直そういう時間があまりなかったです。

松前神楽松前ブロック保存会福島町松前神楽保存会松前神楽函館連合保存会松前神楽小樽ブロック保存会の所属した「松前神楽北海道連合保存会」が主催になり行われました。

座数も21座もあり、十二の手獅子舞も全て行われました。今年の最後の神楽であるだけ、見ごたえのある内容であります。獅子舞のフルセットは、今年で2度目であります。

集合写真
演舞者写真

神籬(ひもろぎ)
会場正面には、神籬(ひもろぎ)

  

続きを読む

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 神事 神楽 松前神楽北海道連合保存会 松前神楽松前ブロック保存会 福島町松前神楽保存会 松前神楽函館連合保存会 松前神楽小樽ブロック保存会

美瑛町 美瑛神社御神幸 美瑛親子獅子舞

昨日より、取材させてもらっている美瑛神社例大祭であります。

昨夜の那智・美瑛火祭りから明けまして、本日は御神幸(神輿渡御)でトラック・バスで移動し、各旅所で神事が行われ、神楽が奉奏され、郷土芸能美瑛親子獅子舞が行われます。旅所は、19カ所あり、朝8時に出発して神社に戻るのは午後6時頃であります。
美瑛親子獅子舞の責任者の方にお話をさせてもらい、同行させてもらうことになりました。


bieiojinkou_2010_01.jpg
出発前に準備をする美瑛親子獅子舞保存会の人達

写真は前後して掲載しますが、各旅所に到着すると神事が行われ玉串奉納が行われ、神楽奉奏され、美瑛親子獅子舞が奉納される。

bieiojinkou_2010_04.jpgbieiojinkou_2010_02.jpg
神事が行われて、浦安の舞の奉納

初めて見る、美瑛親子獅子舞である。

1894(明治27)年に神楽村の未開地であった美瑛に入植した富山県氷見市久目地区の人々が伝承した獅子舞が起源といわれています。現在も毎年7月25日に行われる美瑛神社祭にて、その伝統の舞が披露されています。
 獅子舞は、百足獅子と呼ばれる勇壮なものです。長い胴幕の中に4~5人ほどが入ります。面と烏帽子を身につけた天狗が1mくらいの木の槍をもち、先頭にたちます。楽器は太鼓が主体で、リズムに合わせて、天狗が獅子を討つ所作をします。
 現在、演目は二つ(ひとつあし、やつあし)が継承されています。


北海道文化資源データベースから引用

bieiojinkou_2010_03.jpg
美瑛親子獅子舞

獅子を演ずるのは4人と天狗1人と合計5人で行われる、富山県から伝わった郷土芸能である。この町の入植者は、和歌山県、富山県から入り開拓してきたと思われます。
見ていると、松前神楽の佐々良(ささら)であるようにも見えます。天狗(猿田彦)が、獅子を手玉にしてもてあそぶ様は似ています。

続きを読む

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 郷土芸能 美瑛町 美瑛親子獅子舞

ポロトコタンの夜

白老にあるアイヌ民族博物館で行なわれた、夏の夜のプログラム「ポロトコタンの夜」に行ってきた。北海道の郷土文化を調べていると、どうしても先住民族であるアイヌ民族の芸能も取材しなければと考えたからだ。松前神楽は、アイヌ民族との戦いの果てに確立された神楽であり、アイヌとの戦いの舞いである秘曲「兵法舞」もある。アイヌ民族の関わりを見ても取材したいと考えたからだ。
ネットで調べていると、夜のプログラムということで雰囲気が味わえる時に行けるのがいいだろうと考えて行くことに。撮影には厳しかったが、いいイベントだった。今月はあと2回(8/11.8/12)行なわれる。

porotocotan01.jpg

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。